サイエンス・マイスター育成プログラム2010年度試行授業実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

3〜4日目 3/3〜4(木・金)体験合宿(1泊2日)
(先端科学の理解とプレゼンテーション能力の向上)


内容:先端科学に関する知識の習得、企業と日本科学未来館見学会についての報告会

関連機関:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
      :東海大学山中湖セミナーハウス(山梨県南都留郡山中湖村山中323-1)
集合場所:東海大学湘南校舎内ドトールコーヒー前


★先端科学の理解(日本科学未来館)
先端科学に関する知識の習得を目的として、東京のお台場にある日本科学未来館での見学を実施しました。参加人数学生13名、TA6名、教員3名でした。内容は、日本科学未来館に展示してある内容の把握、TAと少人数学生グループでのコミュニケーション、分析関連事項の抽出等でした。行きのバスの中で、TAと少人数グループに分かれ、日本科学未来館のスケジュールに合わせて見学の内容や見学コース等を事前に決めました。日本科学未来館では、各分野の研究内容が日本語と英語で展示されており、高校生から大学生まで楽しく学ぶ環境が整っていることを改めて確認しました。また、2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹先生の電気を通すプラスチックの解説とデモ実験をみんなで聞きました。


日本科学未来館前の集合写真 TAとの少人数チームに分かれて見学 DNAの2重らせん構造のモデルをみて感動!
電気を通すデモ実験の見学の様子 珍しい展示に学生も興味が湧いた 日本科学未来館の井上先生のお話

★企業と日本科学未来館見学会についての報告会
日本未来館の見学後、バスにより東海大学山中湖セミナーハウスに移動し、翌日、企業見学会や日本科学未来館見学の内容を、それぞれ学生がパワーポイントのスライドにまとめてプレゼンテーションする発表会を行ないました。スライドは、PC(レノボ)を一人ずつ使用し、教員・TAの支援のもと作成しました。また、発表は一人15分程度(質疑応答込)で、全員が発表を行った。夜の懇親会では、先生やTAを交え科学や大学での研究の内容等親睦を深めました。


東海大学山中湖セミナハウス
(雪景色でした!)
内田先生による体験合宿の概要説明 PCを用いたスライド作成の様子
発表会の様子。少し緊張しています。 食堂での夕食の様子 体験学習もこれで終了。お疲れ様でした。
東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム