2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

大気酸化、真空、モノを見ること

教養学部人間環境学科の内田晴久教授による、モノを見ることの基礎や電子線の利用についてお話頂きました。また簡単な真空を使った実験を交え、真空技術と科学技術との関連についてご講義頂きました。その他、原子力工学科の松村義人教授にも、真空ポンプの内部構造や原理について解説して頂いた事で、講義内容のより深い理解に繋がりました。


・参加学生の声


他学部の講義で緊張しましたが、楽しく受けることが出来ました。理論では習ったことがある内容でしたが、実際に現象を見ることで、より納得できました。

(2年生:O君)


刺激的な講義で感動しています。高校で学んだ覚えのあることでも、実験を実際に見ると、とても新鮮に感じられました。学んだ内容を家でよく復習しておきたいと思います。

(1年生:H君)


真空に引いていくと目覚まし時計の音が聞こえなくなることや、水が沸騰してしまうなど、実際に体験してみることで、ただ授業で習うよりも大変理解できました。

(2年生:K君)


初めて見る実験であったので、新鮮で楽しかったです。ただ、まだ知識が不足しているので、空気中の気体分子量の話などが漠然とし過ぎていて、イメージがつきませんでした。これからこの講義を通じて、真空の特性や装置の仕組みを深く理解していきたいです。

(1年生:Hさん)


これから学年が上がっていくにつれて、今回のような実験を行う機会も出てくると思うので、事前に実験を見て、原理や装置の仕組みを知ることが出来たのは、良い経験になったと思います。

(2年生:K君)


東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム