2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

物理で科学する


TA感想


工学部応用化学科の佐藤正志教授により、いろんな種類の散乱現象による観察方法の違いについて講義が行われました。教科書などでは難しい言葉で説明してあることを、図などを用いて簡単に説明を受け、改めて基礎について学ぶことができ、非常に勉強になりました。また、外国と比べた日本の大学を知ることが出来て非常に興味深く参考になりました。


参加学生の声


今回の講義を受けてみて、生活している身近なものであっても、その物はどのような構造でできているのかを知ることによって、その物質の性質や、他のものとの結合性などがわかるので、このような知識は化学をやっていく上で大切だと感じました。

(2年生:O君)



高校の物理で波の強めあいの条件についてはやったが、散乱に関係しているとは思わなかった。また、原子の配列で短周期、長周期についてはなんとなくしか理解していなかったが、周期の違いによって電子線・中性子・X線を使い分けるという事がわかり、理解が深まった。X線散乱によって原子間の電子の量がわかり、そこから結合の様子を知ることが出来るというのが面白いと思った。

(2年生:Tさん)



ダイヤモンドや水晶の結晶の形は高校で習っていたので今日の講義によってその結晶の配列構造の調べ方の話しまで、一気に知識が繋がった気がしました。それから、波長のことや原子の構造は別の授業で今、習っていることだったので、聞いていて楽しかった。

(2年生:Tさん)



原子の空間的配列を知るために電子や、中性子線、X線を使うのは驚いた。

(1年生:T君)



講義以外の体験談の話しがとても参考になった。

(2年生:K君)


東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム