2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

いよいよスタート!「サイエンス・マイスター副専攻」ガイダンスを実施しました!


概要


2010年度、「サイエンス・マイスター副専攻」がスタートし、導入科目である「高度科学技術入門」のガイダンスが、12号館1階物理実験室で実施されました。ガイダンスには、理数系分野に興味や関心のある学生36名が参加しました。
ガイダンス前半では、「サイエンス・マイスター育成プログラム」の全体概要と「サイエンス・マイスター副専攻」の概要、更には春学期に開講される「高度科学技術入門」やサマーセッションで開講される「科学体験学習1」の概要が説明されました。後半では、17号館地下の高度物性評価施設の分析装置の見学を実施しました。


感想


ガイダンスに参加した感想として、このサイエンス・マイスター育成プログラムでは学科・学部の枠を越えて様々な先生の授業を受けることができるので、とても楽しみ。認定証がもらえるように努力をしていきたいと思った。(学生T)
ガイダンス後に見学に行った17号館地下の高度物性評価施設では、原子の格子を見る装置や元素の同位体を調べる事のできる装置、炎色反応と同じような原理の装置や自動で試料をセットしてくれるX線の装置など、とても高価で難しい装置をたくさん見学することができた。1セント硬貨にリンカーンがいたことにびっくりした。(学生I)


東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム