2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

X線を利用した分析法について


概要


外部講師としてブルカー・AXSより黒澤様、岩瀬様をお迎えして、会社の紹介とX線を利用した分析についてお話を頂きました。X線回折で得られる結晶構造解析のデータの見方やその応用についてお話頂いた他、蛍光X線を利用した元素分析についても紹介して頂きました。普段目にすることは無い特殊な装置、分析法についての説明でしたが、黒澤様と岩瀬様の丁寧なご説明のお陰で、大変理解しやすい講義でした。質疑応答も活発になされ、大変有意義な講義でした。


参加学生の声


X線回折を利用した分析では、同じ元素であっても構造によって回折パターンが異なることに驚きました。また結晶構造単位での含有量が評価できることについても驚きました。この講義を通じてX線の面白さが伝わってきました。

(1年生:A君)



実際の実験結果や模式図がたくさん盛り込まれたスライドで、かなり分かりやすかった。質問にも丁寧に回答してもらえたので、嬉しかったです。ブルカーには分析装置のショールームがあるそうで、時間があれば是非見学に行きたいと思いました。

(1年生:H君)



今回講義して下さった黒澤さん、岩瀬さんは営業という立場でありましたが、技術者と変わらない知識があると感じました。また海外営業の為に外国語も必要と聞きました。社会に出るときは、職種や担当業務に関わらず、多様な知識が必要なのだと感じました。
X線回折装置は日常生活で使うものではありませんが、私達の暮らしの発展に必要なものだと思いました。

(3年生:Sさん)



内容は難しく、頭がついていけませんでした。しかし、実際に社会の人にお話を聞けたのは良い経験でした。ブルカーの方が「装置はツールであって、装置で勉強するわけではない。」と言っていましたが、これまで考えたことのない、新しいモノの捉え方だったので、すごく新鮮でした。分析装置のショールームを是非一度見に行きたいと思いました。

(2年生:Tさん)


東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム