2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

電子顕微鏡(SEM)の応用技術の紹介(外部講師)

概要


外部講師として(株)日立ハイテクノロジーズより坂上様と数井様をお迎えして、会社の紹介と走査型電子顕微鏡(SEM)について講義をして頂きました。SEMの原理、特徴、などを具体的に分かりやすく説明して頂き非常に参考になりました。また、講義終了後も学生の沢山の質問に丁寧にお答え頂き、大変有意義な講義になりました。


学生の感想


電子顕微鏡は小さな物の形が分かる装置としか思っていなかったので、組成の違いの判断や、元素の特定までできると聞いて驚きました。

(2年生:K君)



SEMを使うと試料の多くの情報を得ることができたりとてもおもしろそうなので自分でもSEMを使ってみたいと思いました。他にも多くの分析装置が東海大学にはあるので使ってみたいと思いました。

(1年生:S君)



今回の講義を聞いて、SEMはさまざまな分析の研究に役立てられていて、いろいろな加速電圧によって、必要な情報を効率よく得られるので、この装置の仕組の基礎を学べてよかったです。今後の勉強に役立てたいと思いました。

(2年生:K君)



二次電子像と反射電子像を見てとてもびっくりしました。とても鮮明でたくさんの情報が読みとれていることが一目瞭然でわかりました。原理から操作方法・応用例まで丁寧に説明してくれてとても分かりやすかったです。

(1年生:Sさん)



17号館でSEMの簡単な説明をされていたが、より詳しくSEMについてその仕組み等が分かって良かった。試料から発生する電子について、反射・二次・透過など観察するものや目的によって使い分けることが重要だと分かりました。また、SEMを用いたナノアートというものがあると知り、すごくきれいで面白いと思いました。

(1年生:Sさん)

東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム