2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

走査型X線光電子分光分析装置(XPS)の紹介

講義概要


本日は外部講師としてアルバック・ファイ株式会社の眞田様、蔵重様をお迎えして、走査型X線光電子分光分析装置(XPS)についての講義が開かれました。今回のテーマであるXPSは非常に複雑な構造の装置でしたが、身近にあるアルミホイルを例に挙げ、XPSを用いればどのようなことを調べることができるかなどを優しく学ぶことが出来ました。また、質疑応答が非常に活発に行われ、多くの学生が抱えていた疑問を直接ぶつけ、解決していました。さらに、有機ELの分析についての例など様々なことを学ぶことができました。


学生の感想


XPSは電子に光を当てたり、イオンビームで削って深さ方向分析ができたりと、よりいい製品を生み出す上で大切だということが良くわかりました。また、有機ELディスプレイやアルミの箔などの仕組みを知ることができて参考になりました。電気陰性度の差や極性の有無、軌道の違いなどによってより製品をいいものにできると思うので、調べるのにはXPSは効果的だと思いました。

(1年生:K君)



講義でアルミホイルという私達の身の回りにあるものを例にXPSの説明を受けたため、私の知らなかったことも知ることができ、XPSではどのようなことがわかるかも同時に知ることができ、XPSではどのようなことがわかるかも同時に知ることができてよかった。

(2年生:S君)



アルミ箔は光沢面のほうがきれいだと思って使っていたので、非光沢面のほうがきれいだと聞いて軽くショックを受けました。見た目で判断せず、詳しく調べることが大事なのだと良くわかりました。

(2年生:K君)



1つの物質のみで性質が決まるのではなく、他の物質とどう接しているかによって物質の性質が決まるという話が印象に残った。表面の状態が物質そのものをどう使えるかということに大きく関わってくるということ感じた。

(1年生:Sさん)



原子の中でも水素以外の原子が全て分析できると聞いて驚いた。また、このような高性能な分析装置によって現在の高度技術成長があるのだと考えた。

(4年生:M君)

東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム