2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

高度分析技術1(実習授業1:実験1)授業内容  11月11日

実験授業は、装置原理、実験、レポートから構成されます。受講生はA〜Cの3グループに分かれ、走査型電子顕微鏡(WET-SEM)、蛍光X線顕微鏡(XRF)、X線回折装置(XRD)の3種類の装置について学習します。

★Aグループ、走査型電子顕微鏡(WET-SEM)


講師:教養学部人間環境学科 自然環境課程 小栗和也准教授


Aグループ、走査型電子顕微鏡(WET-SEM)の2回目の講義はSEMで観察するための試料作りから始め、実際に試料の観察を行った。試料はア、イ、ウ、エの4つの粉末の未知試料を用いた。学生は粉末試料の取り扱い方法や注意点を聞きながら、SEMでの観察準備を行った。試料観察は試料コーティングの前後で行い、比較を行うため、今回はコーティングをせずにSEMで観察を行った。

学生の感想:Aグループ(WET-SEM)


SEMの扱い方を丁寧に説明してもらいましたが、まだあまり理解できませんでした。いかにSEMの操作が難しいかがわかりました。操作方法はこれからもっと勉強していく必要があると思いました。もっと分析していく経験を増やしたいです。

(1年生:A君)



初めて実物に触らせていただき大分実感が沸いた。操作自体は思っていたより単純であったが、今日の講義で学んだ手順は今後のWET-SEMを使うときに思い出せるようにしたい。

(1年生:H君)

★Bグループ、蛍光X線顕微鏡(XRF)


講師:理学部 化学科 冨田恒之講師


Bグループ、蛍光X線顕微鏡(XRF)の2回目の講義は4種の未知試料粉末(ア、イ、ウ、エ)の元素分析実習を行いました。グループ内でさらに4つの班に分かれ、1班が1試料を担当する形で4つの試料分析を行いました。実習は試料をXRFの試料台に取り付けるところから、XRFを操作して分析し、結果を出すところまで全て受講生で行いました。その後、光学顕微鏡で試料を観察し、記録をとりました。最後に得られた結果を一つのファイルにまとめ、次回のディスカッションに備えました。

学生の感想:Bグループ(XRF)


操作自体は複雑なものではなかったが、初めて分析機器を自分で使うのでとても緊張した。私のグループで測定した試料は濃灰色だったので、CCDカメラ撮影で試料を探すときにやりづらく、時間がかかってしまった。実験に使用したマイラー膜とテープはどういった組成なのか気になった。今回の実験の結果を見るとXRFで元素の特定は難しそうだと感じた。実際はどのように利用されているか気になる。

(2年生:Tさん)



XRFといった分析装置を扱うのは初めての経験だったが、何とかうまく扱うことができました。特にX線照射口にある試料を取り出す際はかなりドキドキしました。また、未知の試料を分析したときにはどんな物質が入っているのだろうかと楽しみで、結果が出たときはやりがいを感じました。

(1年生:Sさん)



装置を実際に使ってみると、とても時間がかかった。しかし今まで講義を聞いてきただけではわからないことを実際に自分たちで行うことで分析というものが身近に感じわかるようになってきた。自分でできるようにしたい。

(3年生:Sさん)

★Cグループ、X線回折装置(XRD)


講師:理学部 化学科 冨田恒之講師


CグループX線回折法について、化学科の冨田先生指導の下、実際に未知試料4種類の測定を行いました。測定の準備から、実際の装置オペレートまで学生自ら行いました。みんな真剣な表情で装置のオペレート及び測定の準備を行っていました。普段はなかなかこのような経験は出来ないので、みんな楽しそうに貴重な時間を堪能していました。



学生の感想:Cグループ(XRD)


本格的な大型分析装置は初めての使用だったので、不明な点は多く、いつも以上に慎重に操作しました。実習にあたり、試料のピークが正確に検出されたのか心配ではありますが、大変よい経験ができてよかったです。

(2年生:S君)



今回初めてX線回折装置を使い実際に試料を測定するまでの作業を行い、装置の中のそれぞれのパターンの役割や使い方を大まかに理解できたと思う。今回は実験の結果を出しただけで試料がなんなのかを調べるまではしなかったので、次回の講義で分析の仕方などをしっかりと学びたい。

(1年生:M君)

東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム