2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

「課題分析実験1」 1日目  8月6日

講師:工学部応用化学科 淺香隆 教授


「高度分析技術2」で学習した蛍光X線元素分析装置(XRF)と誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-AES)を利用して、代表的な実用合金である黄銅の組成(元素)分析と合金種類を決定するために、午前中は実験器具洗浄からはじまり分析用試料や標準液の調製を行い、実験手順を確認しました。午後からは、講義で原理を学んだXRFとICP-AESを実際に利用して測定を行い、分析結果の解釈の仕方や合金種類決定のための考え方を学びました。




学生の感想

実験器具の使用法と実験を行う上での前準備から手の洗浄など、またここでは書ききれない多くの事を学ぶことが出来て良かった。また反省点を踏まえて4年生など今後の研究活動に繋げていきたいと思った。あと、今回の実験を行う上で知識の少なさがとても問題になったので、常日頃からの勉強と徹底的な予習を行う事の重要性も学んだ。

(3年生:K君)



もっと予習をして実験をすれば良かったと後悔しています。時間がないことは勉強をしない理由にはならないので、自分の学科の勉強だけではなく、化学の勉強もしてみたいと思います。

(2年生:Hさん)



実験器具の扱い方には本当に気を付けないといけないことを改めて感じた。また、ICPに試料を入れるとき、チューブが途中で抜けてしまったので、チューブを容器に入れることも含め、一つ一つの操作をもっと注意深くしなければならないと思った。予習はしたけど、全然足りてなかったと思った。

(2年生:Sさん)



実験で使う器具の使い方までしっかりと予習していなかったので、自分が納得するまでが予習であることを学びました。また、ICP-AESは初めて使っているところを見ましたが、授業で行ってきた知識だけでは、十分に理解できなかったです。

(3年生:Tさん)



今回、このような実験をさせて頂いて、自分がこのような貴重な体験をさせて頂いていることがどれだけ恵まれていることなのか、強く実感しました。このような体験を無駄にせず、自分の糧となるように今後も努力致します。

(2年生:Sさん)



学科で今まで何回も実験をやっているのにも関わらず、器具の洗浄のような基礎の基礎が出来ていなくて、考え方が本当に甘いという事を思い知らされた。また今まで間違ったことを平気でやっていたということにぞっとする思いだった。知識も全然足りてないし、勉強しなくてはいけないことはいっぱいあるけれど、勉強には終わりはないと感じた。データの読み取り方ももっと深く考えて情報を読み取れるようにしたい。

(3年生:Tさん)



普段使わない実験器具を使うことになったので、戸惑ってしまった。普通に学生生活を送っていれば使うことはなかった応用化学の実験室を使うことが出来たのはいい経験になった

(3年生:K君)



東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム