2011年度サイエンス・マイスター副専攻春学期授業「高度科学技術入門」、「科学体験学習1」実施報告

サイエンス・マイスター育成プログラム
「サイエンス・マイスター副専攻」

2013年度実施授業
春学期:







秋学期:

認定ゼミナール 11月6日

講師:工学部原子力工学科 松村義人 教授


今日の講義では、先週に引き続き、SAS Intelligent Symposiumに向けて、ポスター発表の内容を確認しました。初めて学会用のポスターを作る学生も多く、スライドとは異なりポスターならではの読みやすさ、わかりやすさを考える学生が多かったようです。

学生の感想


初めてポスターを作ったが、読みやすいデザインを考えるのは難しいと思った。スライドと同様に、ポスターも多くの人に見てもらい、また他の人のポスターをみることでより良いポスターを作れるようになると思った。

(4年生:K君)



わかりやすいポスターを作ったつもりでも、他に人にとっては見にくいデザインになっていたり、ポスターの細かい部分まで質問が出たり、各々の専門分野、理学系、工学系によって、着眼点が違うことがわかってよかった。まだポスター作りに慣れていないので、頂いたアドバイスを参考に、より良いポスターを作れるように頑張りたい。

(3年生:Sさん)



ポスターの図は、実際そうなっているのか、それとも模式的なものなのかを明確にし、わかりやすいデザインにする必要性があると感じた。すべての来場者が発表内容について心得ているわけではないので、万人受けするようなデザインを考えることができた。

(4年生:K君)



ポスターの発表内容を確認し、改善と改良を行った。発表練習を行ったり、また学会での心得を聞いたり、SASのための教授陣からの総合的なサポートはとても大事なことだと思った。

(4年生:K君)



東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム