サイエンス海外研修 ハワイからのリポート

サイエンス海外研修 ハワイからのリポート 4日目  9月11日

■日時:2013年9月11日(水)
■場所:ハワイ東海インターナショナルカレッジ
     Hawaii Tokai International College (HTIC)



「英語プレゼンテーション」



【研修概要】

HTICでの最終日となる4日目の研修では、英語プレゼンテーションの最終発表会を行いました。半年前とは比べ物にならないほど英語力、プレゼンテーション力を身に着けての発表は、とても見ごたえのあるものでした。最終発表会後のセレモニーでは、Fuqua副学長から全員に修了証を頂き、HTICでの全プログラムを終了しました。午後の自由時間には各自ショッピングを楽しんだり、海水浴をしたり、博物館を訪れたりしてオアフ島最後の一日を満喫しました。


     プレゼンテーションの最終確認             プレゼンテーション本番

参加学生の感想


英語プレゼンテーションの練習は今までたくさん行ってきたつもりでしたが、本番では緊張して言葉がスムーズに出てきませんでした。しかし、講師のSteiner先生の、大きく・ゆっくり・はっきり話し、アイコンタクトを忘れない、というアドバイスのおかげでよいプレゼンテーションになったと思います。質疑応答では質問に対する答えはわかっていても、適切な英単語が思い浮かばず、もどかしい思いをしました。自分の発表後はゆとりが出来て、他の人の発表に質問をすることもできました。午後はショッピングをしたり海に行ったりして、オアフ島を満喫しました。とても充実した一日でした。

(4年生:Tさん)


       積極的に質問する研修生                英語での質疑応答

HTICでの研修を終えて

サイエンス海外研修の前半として、HTICでの英語プレゼンテーションを中心としたプログラムが修了しました。研修開始時にはまだ未熟だったプレゼンテーションスキルや英語力が明らかに向上し、研修生全員がそれを実感することができました。各研修生の学科はそれぞれ異なりますが、お互いの専門がサイエンスという学問の中で密接につながっていることを理解し、研究者や技術者に求められる広い知見や知識が得られたのではないかと思います。最後に、本研修を強力にサポートして頂きましたHTICの関係各位に深く感謝申し上げます。

現地担当教員 理学部講師 冨田恒之


    HTIC副学長から修了証の授与         自由時間を使ってワイキキビーチを散策
東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム