サイエンス海外研修 ハワイからのリポート

サイエンス海外研修 ハワイからのリポート 5日目  9月12日

■日時:2013年9月12日(木)
■場所:ハワイ島



【研修概要】

研修5日目はオアフ島を後にし、飛行機でハワイ島へと移動しました。ハワイ観測所山麓施設を訪問し、天体望遠鏡すばるについてのレクチャーが行われました。その後、イミロア天文学センターに移動し、様々な展示物の見学やプラネタリウム研修を行いました。またハワイ火山国立公園では、ハワイ諸島の誕生の歴史と溶岩や火山灰などの見学、そして活動中のキラウエア火山を巡る研修を行いました。


        山麓施設でのレクチャー              すばるの観測データの解析

参加学生の感想


すばる望遠鏡の実物ではなく、操作について見学できたことも感動した。たくさんの画面に表示された情報を処理して観測を行っている観測者が非常にかっこよくみえました。キラウエア火山では近くまで下りてみることはできませんでしたが、初めて生でみる火山の噴火口の規模に興奮しました。

(2年生:T君)


     イミロア天文学センター研修                 キラウエア火山

国立天文台ハワイ観測所山麓施設の見学では、すばる望遠鏡観測デモ・実験室の見学など実際にすばる望遠鏡の観測に関わる重要な場所を見ることができ、今まで漠然としか持っていなかったすばる望遠鏡の観測風景のイメージを具体的に想像することが出来ました。また、火山国立公園の見学ではハワイにおける火山という存在がハワイの歴史や伝統文化・人々の心に大きく影響していると感じました。

(3年生:Sさん)


      ハワイ火山国立公園での研修             溶岩の上を歩く研修生
東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム