参加学生紹介

平成24年度 第2回 サイエンス・インカレ

サイエンス・インカレ公式HP

3月2日(土)・3日(日)、日本科学未来館及び東京国際交流館プラザ平成において開催される「サイエンス・インカレ」において、サイエンス・マイスター育成プログラムの受講者2組が発表しました。

「サイエンス・インカレ」とは、全国の自然科学分野を学ぶ学生に自主研究を発表する場を設けることにより、学生の能力・研究意欲を高めるとともに、課題設定能力、課題探求能力、プレゼンテーション能力等を備えた創造性豊かな科学技術人材育成することを目的とした大会です。自然科学分野を学ぶ全国の学生が自主研究の成果を発表し競い合う場として、平成23年度から開催しています(http://www.science-i.jp/





「立体視における色による影響」 ポスター発表
東海大学工学部 光・画像工学科 2年 杉山拓也君
東海大学工学部 光・画像工学科 1年 鈴木将風君
東海大学工学部 光・画像工学科 4年 奥田良君







「不規則型変光星XX Ophの光学望遠鏡による光度変動の観測」 ポスター発表
東海大学 理学部 物理学科 3年 友野弥生さん





概要


サイエンス・インカレは、全国の理系学生に自主研究を発表する場を設けることにより、理系学生の能力・研究意欲を高めるとともに、課題設定能力、課題探求能力、プレゼンテーション能力等を備えた創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的とする。

(公式HPより引用)


日程

(1) 大会日程:平成25年3月2日(土)・3日(日)
(2) 大会出場者の選抜日程(予定)
エントリー開始:平成24年9月10日(月)
書類提出期間:10月1日(月)から11月22日(木)
書類審査:12月から1月
出場者の決定:1月


開催地 幕張メッセ国際会議場(千葉県千葉市美浜区)


主催 文部科学省


応募条件

(1) 応募対象者は、以下の個人又は2〜3名のチームとする。
大学の理系学部等の1〜4年次(短期大学の1〜3年次を含める)の学生
高等専門学校4〜5年次の学生
高等専門学校及び短期大学の専攻科の1〜2年次の学生
(2) 学生が主体となって取り組んだ研究を応募対象とする。
(3) サイエンス・インカレへの応募を目的とした未発表の研究とする。

東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム