参加学生紹介

参加学生紹介

サイエンス・マイスター育成プログラムを受講した学生2名が、東海大学新聞2011年7月1日号で紹介されました(http://www.tokainewspress.com/view.php?d=218)。

受講生の声から

田村紗也佳さん(理学部2年)
講義の中には現段階で理解が及ばない高度な内容もありますが、 そのことがかえって「いつか分かるようになりたい」という意欲 につながっています。また、各分野の最前線で活躍されている 先生方の講義を通して、さまざまな専門分野が互いに関連している ことも実感できています。

大矢重宗さん(工学部2年)
自分が学んでいる学科以外の専門分野の講義を受け、他学科の 学生と一緒に学ぶことで、一つの学問分野をいろいろな角度から 見るスキルを身につけることができると期待しています。 高度な分析機器の使い方をマスターし、専門的な勉強や卒業研究など にも役立てたいと思います。

第3回表面科学技術者資格認定試験合格者

第3回表面科学技術者資格認定試験(2011年9月16日)に、サイエンス・マイスター育成プログラムのTA3名、学生1名が受験し合格しました()。また、昨年度、本プログラムの試行授業に参加した学生2名()も合格しており合計6名となりました。表面科学技術者資格制度は、表面科学に関する技術の向上と技術者の増加を目指し平成22年度からスタートした制度で、(社)日本表面科学会が認定している資格です。学生のモチベーションアップにつながると同時に分析関連の就職にも有利な資格の1つであると考えています。今後、更に多くの学生に広報し合格者を増やしていくことで、多様な場で活躍する科学者・技術者としての客観的評価基準の1つにしたいと考えています。

第3回表面科学技術者資格認定試験合格者
(社)日本表面科学会HPより抜粋(http://www.sssj.org/

2月18日(土)19日(日)、日本科学未来館及び東京国際交流館プラザ平成において開催される「サイエンス・インカレ」において、サイエンス・マイスター育成プログラムの受講者3名が発表いたします。

「サイエンス・インカレ」とは、全国の自然科学分野を学ぶ学生に自主研究を発表する場を設けることにより、学生の能力・研究意欲を高めるとともに、課題設定能力、課題探求能力、プレゼンテーション能力等を備えた創造性豊かな科学技術人材育成することを目的とした大会です。自然科学分野を学ぶ全国の学生が自主研究の成果を発表し競い合う場として、平成23年度から開催しています(http://www.science-i.jp/)。

「表面分析技術を用いた鉄質隕石(隕鉄)の材料化学的視点からの一考察」
東海大学 教養学部 人間環境学科 自然環境課程 4年 瀬戸美晴さん(左)
東海大学 教養学部 人間環境学科 自然環境課程 3年 鈴木睦未さん(右)

「レンチキュラシートによる光強度分布特性の測定と評価」
東海大学 工学部 光・画像工学科 3年 奥田良君

東海大学
社会の多様な場で活躍するサイエンス・マイスター育成プログラムは 文部科学省の公募事業で
ある「理数学生応援プロジェクト」で 東海大学が平成22年度に採択された育成プログラムです。
東海イズム